--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/02/28(水)
『彷徨う郵便物…』
 昨日ブログを更新しようと思ったら、またまたインターネットがつながらず…。今日は今のところ問題はありませんが、何がどうなっているのか???さて、本日は郵便の「???」なお話です。

 日本に住んでいるとき、外国に旅行に行ったり海外生活をおくっている友人知人からエアメールが届いたりすると、はがきや手紙から近況を知ったり異国を感じてとても嬉しくなった記憶があります。

 縁あって私達も外国で暮らす経験をしておりますが、私は元来がチョー筆不精だし、今は電子メールの時代でもっぱらキーボードを打つばかりです。(すみません~、私、しばらくそのメールさえしていない方々多数ですぅ~。ひらにおゆるしを…。)

 それでも「絵葉書かなんか送ろうかな。」と思うこともあるのですが、この国はなかなかそれもままならないようです。理由は「郵便物が届くまでに時間がかかりすぎる。」ということ。今まではyattaranから聞く話だけだったので「ホンマ~?」とも思っていたのですが、26日にそれを実感する出来事がありました。

 我が家に届いた郵便物には

070228b.jpg

私たちが住んでいる市の郵便局のハンコが押されています
日付からして『この日に配達しました』という意味だと思います


 で封筒の宛名側にはいわゆる消印が押されているんですけれど…

070228a.jpg

左が消印で右が郵便料金。7ペソ(約17円)です


 インクがちょっと見えにくいのですが、[23.1.07]って…。ふぇ~~、届くまでに1ヶ月以上かかってるよ~~~。ちなみに消印のPASAY CITYには空いていれば車で40分、どんなに渋滞してても1時間半程度で行くことが出来る距離です。

 再びyattaranの話によりますと、1ヶ月なんてごく普通の時間で、数ヶ月、時には半年かかるものもあるとのこと。実際去年の5月に届いた郵便物の消印は一昨年の9月だったそうです。(8ヶ月…!( ゜_゜;)中身はケーブルテレビ契約料金の領収書かなんかで、不都合はなかったようですが…。

 このような状況なので、重要書類、重要小包は宅配業者に依頼するのが一般的。電気料金や水道料金も領収書は郵便で送られたとしても、請求書は宅配便で届くのです。(事業主も取りっぱぐれは防ぎたい(笑 料金の支払いに銀行の自動引き落としなどはないので出向いて支払わなければなりません。)今回の中身も特に重要なものではなかったので、郵送だったのかも。

 国際郵便でも同じ事情のようで、日本→フィリピン、フィリピン→日本、どちらの場合も、フィリピン国内で非常に時間がかかるようです~。 郵便に出されて彷徨って、そのままどうにかなってしまうケースがあるのかどうかは定かではありませんが、郵便事情は日本とはかなり異なるようです。

 街中にポストは全く見かけません。郵便物は郵便局に行け!でございます。(小包も発送はもちろん、受け取りも局に出向かなくてはなりません。『小包あるんで取りに来てね♪』という趣旨のお手紙が届きます…。2度手間やん…。)その郵便局もあちこちにあるというわけでもなく…。どこにあるのか私は未だに知りません~。(日本語新聞社発行の電話帳に<郵便局>の項目もない…。)

 「電子メールの時代で良かった~♪」と改めて思います。あとは私の筆(キーボード?)不精が問題なだけだわ……。
スポンサーサイト
マニラ暮らし(住) | トラックバック(-) | コメント(0)












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。