--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/02/09(金)
『本日じゃないけど…本日のご試食(3)』
 先週は朝夕と肌寒い日が続いたのですが、天気予報どおり今週明けから、またまた暑いマニラ暮らし。そのせいかどうかわかりませんけれど、今週は実に平々凡々な日々で、ブログも全然更新していませんでした。ごめんなさい。

 かといって、今日が特別何かがあった日でもなく、平々凡々の延長上の日なのですが、先月の海底ケーブル切断によるネット環境の悪化の日々に埋もれて、まだUpしていなかった食べ物ネタを書こうと思います。まずは画像を1枚。

070209a.jpg

左:沖縄でも食べられているらしいので、ご存知の方も多いかな?
右:『果物の女王』と呼ばれています~


 左は『ドラゴンフルーツ』です。見た目は食べるのに勇気がいります。きのこの定義からすると、食べると笑い転げたりお腹が痛くなりそうです。(笑 が、食べ頃の色合いだそうです。(スーパーの店員さんに「今日食べるんだけど~。」と言って、食べ頃果実を選んでもらいました。「皮が赤いのが美味しいんですよぉ~。」とのこと。)実がなっているところを実際には見たことがないのですが、サボテン科の植物の果実です。

 右はご存知『マンゴスチン』 近年は日本でも果物売り場に並ぶようになりましたよね♪

 それぞれ普通のスーパーマーケットで普通に手に入ります。大きさは、お皿の直径が約28センチですから、ドラゴンフルーツが20センチ強の長さ、マンゴスチンが6、7センチ程度の直径です。(大きさは大小いろいろ売られていました。)値段は忘れた…。あわせて200ペソ(500円弱)ぐらいだったかなぁ…。1キロあたりの値段はマンゴスチンのほうが、お高かったように思います。さて、カットしてみましょう~。

070209b.jpg

ドラゴンフルーツは縦半分にスパッとカット
このままスプーンですくっていただくことも出来ますが、
皮を剥いて(手で綺麗に剥けます)実を一口大に切りました~
マンゴスチンも横にナイフを入れました


 どちらも南国果物特有の甘い香りがあります。マンゴスチンはミカンのように果肉が房に分かれていて、柔らかい甘い実。皮は硬くて分厚いです~。

 そして、ドラゴンフルーツは、ご覧のとおり、果肉だけを出されたとしたら、やっぱりご遠慮したい見た目です。

 「山芋チックな果肉にゴマだらけやん……!」

 勇気を持って一切れ口に運ぶと……………(O.O;)

 これがオイシイィィ~~~☆(^~^)

 シャクシャクとした果肉に種(決して胡麻ではない(笑)がプチプチとして、あっさりとした甘さで果汁もたっぷり~♪もちろん、山芋のようなネバネバ食感はありません。(山芋のそれはそれで好きなんですけどね~。)

 いや~、フォークを持つ手が止まらない~。結局yattaranとふたりでマンゴスチン4個、ドラゴンフルーツ1個、完食いたしました~♪クルトもほんの少ぉし、ちょびっとだけ試食。何でも美味しくいただくクルトくんですので(笑、もちろん、どちらも美味しくいただきました~。(後日お腹も大丈夫でした。)

 あぁ、美味しかったね~♪また、買ってきて食べようね~♪
スポンサーサイト
マニラ暮らし(食) | トラックバック(-) | コメント(0)












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。