--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/08/09(水)
『フィリピンのお金』
 外国暮らし(とも限りませんが)に必要なことのひとつは、その国の通貨でしょうか。フィリピンの通貨単位は『ペソ』と『センタボ』がありまして、100センタボで1ペソになります。紙幣はP1000、P500、P200、P100、P50、P20 P10の7種類、硬貨はP10、P5、P1にS25、S10、S5の6種類。

060809a.jpg

まずは紙幣です。日本のお札より一回りほど小さいです。
P100が手元に入らず6種類のみの写真です。ごめんなさい。


 紙幣や貨幣に描かれている人物は、どこの国の例に漏れず歴代の大統領や英雄とよばれている人たちです。中でもP500のベニグノ・(ニノイ・)アキノ氏が私たち日本人には一番知名度が高いでしょう

060809b.jpg

こちらが硬貨。右下の穴の開いているのが5センタボ硬貨です。
直径約15mm。小さくて可愛いです~。


 通貨レートは1ペソ約2円。なので、25センタボで約0.5円、5センタボに至っては約0.1円という金額になります。センタボ硬貨だけで3種類もありますが、実際に使うのはスーパーでのお買い物ぐらいで、レストランなどでは勝手に切り上げられることもあったりして、あまり使うことがありません。(それでいいのか!?レストラン!!「レストランに限らず、銀行さえもそうだよ~。」by yattaran)

 しかも、大抵、お買い物の際の『おつり』としてもらうことが多いので、使わないのにミョーにお財布内で場所をとるセンタボ硬貨。1円玉、5円玉貯金ならぬ、センタボ貯金でもしてみるか~。
スポンサーサイト
マニラ暮らし(住) | トラックバック(-) | コメント(0)












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。