--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/01/17(水)
『バロンタガログ』
 2日前の1月15日、フィリピンのセブ島で東アジアサミットが開かれました。ニュースで流れていた会議の映像で、各国首脳が同じオフホワイトのシャツに身を包んでいたことをご記憶でしょうか?

 あのシャツは『バロンタガログ』というフィリピンの民族衣装で、正装として扱われます。パイナップルやバナナの繊維から作られたハリのある非常に薄い生地でして、前身頃には綺麗な刺繍も施されています。yattaranも1着持っておりますので、その画像を…。

070117a.jpg

シャツの下には半そでの襟なしシャツを着用します


070117b.jpg

前身頃裾の刺繍


 フィリピンの女性の民族衣装といえば、『テルノ』 袖の付け根が大きく立ち上がって膨らんだドレスですが、私はまだ持っていませんし、画像もないので、また次の機会に…。

 ただ最近はバロンタガログの生地のシャツを女性が着用することも多く、先述のサミットでもアロヨ大統領も他の女性の方(ニュージーランドの首相だったかな?)も、そのシャツブラウスをお召しになっていたようでした。

 バロンタガログは長袖が基本みたいですが、首脳陣は半袖の方が多かったようですね。yattaranに着心地を訊ねたら、「思ったより暑くないよ~。」とのこと。すごくパリパリのハリのある生地なので、通気も良いみたいです。民族衣装ってその土地の気候の理にかなっているんでしょうね。
スポンサーサイト
マニラ暮らし(衣) | トラックバック(-) | コメント(0)












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。