--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/12/05(火)
『台風21号の被害』
 12月1日未明、フィリピンを通過していった台風21号。マニラ首都圏は大きな被害を免れましたが、ルソン島の南部で火山灰による泥流が発生して大災害をもたらしてしまいました。当初約200人と発表されていた死者・行方不明者は日を追うごと増え続け、4日の新聞では死者・行方不明者が1000人を超えると伝えています。

 日本でもニュースでとりあげられているようですが、現地の様子は相当ひどいもので、泥流で道路も寸断され、停電の復旧の見通しもたっておらず、飲料水や食糧の確保も難しいようです。

 被災地では生活物資がとにかく足りないらしく、yattaranの会社でもローカルの社員さんたちから救援の声が上がり、クリスマスに貧困層の方達に配る予定だった金品の一部(毎年クリスマスの時期に社内で寄付を集めて救護団体に渡すそうです。)を送ることになりました。今日社員さんで袋詰めなどの作業をするというので、私もほんの少しですがお手伝いさせていただきました。

061205a.jpg
食糧パックは約200袋 お米が100kg程


061205b.jpg
パックの中身は缶詰、インスタントラーメン
インスタントコーヒー、粉ミルク、砂糖


061205c.jpg
お金も少しずつ分けておきます      古着も送ります


061205d.jpg
みんなで作業すれば、時間はさほどもかかりません


 物資は段ボール箱に箱詰めしてTV局に持ち込み、現地に送ってもらうそうです。(TV局が救援物資のキャンペーンをやっているらしいです。)国軍の救援活動も今からが本格化するようで、政府の援助も後手後手に回っているそうですから、TV局なんかのほうがしっかり届けてくれるのかもしれません。

 避難生活を送っている多くの方々の中のわずか分だけですが、これが無事に被災地に届いてくれますように。そして少しでも早く、被災者の皆さんに普段の生活が戻り、穏やかなクリスマスを迎えられますように。
スポンサーサイト
マニラ暮らし(住) | トラックバック(-) | コメント(2)
YU
はじめまして。 
被災地はかなり貧しい人たちが住んでいて、マヨン山の観光道路では、観光客から物乞いをする子供も、多かったと聞いていました。
皆さんの暖かい援助なによりですね。なんだかほっとしました(^^)。
2006/12/06(水) 01:04:59 | URL | [ 編集]
chobi
♯YUさん、

はじめまして、chobiです。コメントありがとうございます。

私もこの国の事情はまだまだわからないことも多いのですが、
貧富の差はかなり大きいようです。

農村地帯(マヨン山一帯も農業と観光が主な産業らしいです。)はずいぶんと粗末な暮らしぶりだとも聞いております。

各国からも援助の手が差し延べられているようです。ひとりひとりの小さな力も被災者の方々の何かしらの糧になり、生きていく為に前を見ることができればと願います。

本来は私たちとクルトのホゲホゲ生活を綴ったお気楽ブログです。
また日々の暮らしを載せていきますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
2006/12/06(水) 22:52:41 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。