--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/08/05(土)
『はじまり、はじまり~』
 マニラに到着して数日。フィリピンは今雨季なので、雨の降らない日はありません。大抵はスコールでドォーっと降ってサッとあがる、あっさりした降り方らしいのですが、今年は『ラ・ニーニャ』だかの影響で雨が多く、どうにかすると日本の梅雨のようにしとしとと降り続くことも…。

 日本でなら、お散歩にも行けず、ブスブス~っとなるchobi&クルト親仔ですけれど、ここはほれ、マニラのお家。はっきり申し上げてウサギ小屋ちゃんの日本の我が家よりはちと広い。そこで、親仔で室内運動会となるわけです。晴れた日にはお散歩に行って思いっきり走って~!!

 とはいかないんでございます、それが…。以前、こちらのお医者さま(日本の獣医師免許をお持ちの日本人)に伺った話では、マニラの街は残念ながら日本ほど清潔ではないこと、フィラリアよりダニから感染するバベシア感染症のほうが感染率が高いこと、(フィラリアを媒介する蚊の種類が違うらしいです。)狂犬病にかかっている犬も少なくないこと、住宅街内も犬嫌いの人たちが『毒入り団子』を撒くことが往々にしてあること…。

 などから、いわゆるリードをつけて家の周辺を歩く『散歩』というものはしないほうが安全、というお話なのでした。そういえば、他のわんこのお散歩風景はほとんど見たことがない…。そしてお医者さまからの指示は「月一回のフロントラインスプレーの全身塗布と地面を歩かせたら足の洗浄及び消毒をすること」というものでした。

 足の洗浄&消毒はできるとして、フロントラインスプレーは安全性が確認させているとはいえ、お薬に違いないので副作用が心配です。かといってバベシア感染症といえば死に至ることもある病気。どちらのリスクをとるかという選択に迫られました。このことでは「やはりマニラで暮らすのは無理かも…。」という思いも……。

 日本でお世話になっているお医者さまにも相談した結果、やはり病気のリスクをとりたくない、ということで、フロントラインスプレーをすることにしました。後は塗布後、普段の生活の中でクルトの様子に変化がないかを気をつけて見ていくしかありません。運動に関しては、しつけ教室の先生にもご相談したところ、家の中でひたすら走る!(お外とは比べものになりませんが走れるんです~。)庭を走る!(庭と建物の周りをぐるぐると~。公園の草むらや道路よりは安全。)それでも運動不足は否めないでしょうが、できるだけ気をつけて暮らしたいと思っています。

 予想してはいましたが、外国、それも暑い国でクルトのような北国生まれのわんこと暮らすのは、思っていた以上にわんこに負担を強いてしまいます。でも、なんとかできることなら、やっぱり家族は一緒に暮らしたい。ですが、あまりにもクルトの精神や肉体に負荷がかかりすぎてしまうなら、さっさと日本に帰るしかないかなぁ、とも考えています。(それはそれでお友達と遊べるから嬉しかったりするし…。)

 そこはやってみなくちゃわからない!!

 親も仔も、『努力はするけど無理はしない』方針で日々頑張ってみます~。そういえば、高級ショッピングモール周辺ではお散歩してるワンを見かけたなぁ。それにマニラがわんこに悪いことばかりではないんですよ。わんこと一緒に普通にお買い物ができたり、食事をしたり…。(少しずつお話しますね。)まだまだ知らないエリアも多いので、確認しながら『お散歩可能エリア』を見つけていきたいと思います。
スポンサーサイト
クルトの暮らし | トラックバック(-) | コメント(0)












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。