--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/09/18(月)
『クルトくんお断りします、のその理由は~』
 モールでのお買い物のときは「抱っこしていればOK」のところ以外はバッグ入りしている、うちのクルトくん。生鮮食料品売り場はさすがにバッグ入りでも断られ、「やっぱりわんこ連れで食料品売り場はムリよね。」と思いつつも、初めて行くお店ではひとまず親仔でチャレンジ!しているわけですが…。

 最近、他のモールより家から近い距離に巨大モールがオープンしたので、『ダメもとチャレンジ』をしてみることにしました。結果としてはやはり『No』だったのですが、どうも「“わんこ”がダメ。」が第一の理由ではないようで…。

 と申しますのも、こちらのスーパー、大抵は下に描いたように建物に入ってから(建物に入るときは…、そう!セキュリティチェックですね~。クルトはここで断られるときも…。下図のスーパーは建物内は“バッグ入りクルト”OKなんです。)食料品売り場にも決められた“ゲート”があり、そこには警備員さんが立っているのです。

060918a.jpg


 ゲートの間は全てレジで、レジだけでも30ブース近くあります。(レジ部分だけでも幅100メートル以上ありそうです。)両端にある“お荷物お預かり処”は文字通り、他で買い物した買い物袋や、大きな荷物を預けるところ。基本的に食料品売り場にはバッグひとつしか持って入れません。

 で、このスーパーに初めて行ったとき、あっさり食料品売り場入場を断られて、あまり詳しい理由も聞かずすごすごと退散し、yattaranとクルトにはレジ外で待ってもらってお買い物をしたわけです。

 そこで、このたびオープンしたモールの食料品売り場はというと…。

060918b.jpg


 上に示したとおり、ゲートやレジの形態は以前から利用しているモールの食料品売り場と変わらないのですが、衣料品や日用品、果ては家具や電気製品売り場まである、いわば『混在型食料品売り場』でありまして、ひょっとしたらバッグ入りならこれはいけるかも、の期待と共に、いざ、ゲートへ~。

yattaran:「あのぉ、バッグに犬が入ってるんですけど、入っても良いですか?」

警備員さん:「バッグは、預けてください。」

y:「あ、いえ、生きてる犬(この表現、ビミョーだな…)が入ってるんですけど、預けなくてはいけませんか?家具や電気製品が見たいんです。(ここが今回の押しツボ?)バッグからは絶対出しません。」

警:「え~と、犬が問題なのではなく、大きなバッグは預けていただく規則になっているんです。ですので、申し訳ありませんが入場されるならバッグは預けてください。」

 あ、な、る…ほど……。とても親切な警備員さんで丁寧に説明してくださったのですが、要するに食料品売り場に大きなバッグは持って入れない、が大原則なんですね~。たぶん、万引き防止の理由なんだと思いますが…。(お買い上げレシートにも必ずレジ袋の数を記入します。これも何かの時にはすぐチェックできるようにということでしょうか?商品は店員さんがレジ袋に詰めてくれます。)

 モール全体の建物にはバッグに入っていればOK。でも食料品売り場は大きなバッグが持ち込めないので、必然的にクルトくんも入れない…、ということのようです。それだったら、まあ、仕方がないですね。(チワワだったら入れるのか?試しようがないので、わかりましぇん…。)

 どのモールも食料品売り場の近くには、フードコートやレストラン(建物内に入れるので、大概のレストランにもバッグ入りで入れます。)があるので、家族でお買い物に出たときにはyattaran&クルトはその辺で待ってもらい、ママchobiがでっかいカート(いや~、カートの大きさも半端じゃないですよ…。)を押し押しお買い物、というところで落ち着きそうな感じです。
スポンサーサイト
クルトの暮らし | トラックバック(-) | コメント(2)
小鳥
え?スーパーでも、ワンいいんですか?
問題は?大きなバッグなの?
いいな~。ワンも一緒にお買い物って。
よく、スーパーの入り口にくくって待ってるワンいますが・・・
あれってね、たま~に誘拐とかされちゃうんだって。
怖い、怖い!!
2006/09/21(木) 07:43:51 | URL | [ 編集]
chobi
♯小鳥さん、

全てではありませんが、わんこOKなお店もあるんですよ。
抱えるような大きさのバッグは全て預けなければならないので、クルトが入るバッグもその対象サイズになっってしまうようです。

こちらでは、警備員さんがいるからか、お外でひとりで待つわんこ、は見かけたことはないです。日本にも警備員さんが必要かも?ですね。
2006/09/21(木) 17:47:49 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。