--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/07/25(水)
『そうだ、選挙、行こう』
 次の日曜日、29日は参議院議員選挙の投票日ですね。こちらで放送されている某国営放送でも、連日選挙関連の番組やニュースの模様が流れていて、それだけ見ていると日本にいるような気にもなってきます。

 が、ここはフィリピン。日本国民として日本の選挙の投票を行うには、近所の小学校や公民館に出かけるというわけではありません。(当たり前~。)

 まずは大使館に出向いて『在外選挙人名簿』に登録してもらい、その後発行される『在外選挙人証』を再び大使館まで受け取りに行きます。これで、選挙の投票ができることになります。(ただし、国政選挙のみで、地方選挙、つまり知事さんや市長さん、市会議員さん等の選挙の投票はできません。)

 もちろん、本人自身が手続きを行わなければならないので、在外選挙人証をもらうまでに2回は大使館を訪れることになります。この名簿に登録→在外選挙人証が出来上がるまでが最長2ヶ月ほどもかかるのです。

 yattaranは過日、名簿の登録を済ませ、1ヶ月ほどで発行してもらえたので在外選挙人証を持っていますが、ワタクシchobiは、日本に一時帰国していて、<名簿に登録>もまだしておりませんので、今回の在外選挙の投票はできず…。ごめんなさい。

 『在外選挙人証』を持っている人は以下の3つの方法で投票ができます。

・在外公館投票
 大使館や総領事館に直接出向いて投票する

・郵便等投票
 登録先(日本の住所)の選挙管理委員会に投票用紙を
 郵送してもらって投票後送り返す。

・日本国内における投票
 選挙の公示日~投票日に一時帰国している場合は、在外選挙人証を
 提示することで国内と変わりなく投票できる。

 yattaranは在外公館投票を選択したので、先日、大使館まで投票に行ってまいりました。(場所が場所だけに、画像はありません~。)今回フィリピンでの投票は大使館と同じ敷地内にある総領事館が投票所になっていたそうです。

 受付で在外選挙人証と顔写真入りの身分証明書(パスポート等)を提示すると、小封筒2枚、中封筒2枚、大封筒1枚を渡され、大封筒には日本の住所の選挙管理委員会の宛先を書き込み(選挙人本人直筆という決まりだそうです。)、まずは選挙区選挙の投票用紙を受け取って投票記入。

 これを小封筒に入れて封をして、小封筒を中封筒に入れる。で、この中封筒にyattaranの氏名とサイン、立会人の方のサインをして封緘。比例代表選挙も同様に行って、投票用紙の入った小封筒がそれぞれ入った中封筒2枚(ややこしい?(^_^;)を大封筒に入れ、封をして、係りの方にお渡しして投票は無事終了~。

 「何度も封筒に入れるのね~。」と思い、考えてみましたところ-

 選挙の投票は無記名投票。かといって誰が投票したのかわからなければ不正の危険も増すわけです。ですので、日本に送られた封筒は、大封筒を開封してから、選挙人本人と立会人のサイン入り中封筒で住所氏名の確認を行い、その後、投票用紙の入った小封筒を封緘したまま開票所まで持っていって開封、のち、それぞれの立候補者氏名、政党確認で、「はい、1票~~!」となるのではないかと想像しております。

 「でもさ~、誰が立候補してるかなんて詳しくわからへんやん?」なんて疑問も湧きあがったのですが、そこは旨くできているらしく、選挙区選挙は選挙区ごとの立候補者氏名と所属政党の全国版リストがファイルされていてそこから自分の選挙区を探して、載っている立候補者の方々から選んで投票(ここで選挙区を間違えると「あちゃちゃ~」なことに…。(^^;;;)、比例代表区も各政党とその候補者名リストが用意されていたそうです。至れ~り尽くせ~り~(笑

 大使館まで行かなくてはならないので、ちょっと時間のかかった投票になりましたが、yattaran本人は「いい経験した~。」と申しておりました。

 選挙の投票は、国民が政治に対して意思表示できる貴重な機会。日本では、お住まいの近くに投票所があるはずですから、是非、ちょこっとでかけて、ささっと投票を!でございます。

私といえば-

ほんとにごめんなさい~~、すみません~~!!(←平謝り…m(_ _)m)
スポンサーサイト
マニラ暮らし(住) | トラックバック(-) | コメント(0)












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。