--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/03/23(金)
『Tagaytayへ1泊旅行(3)』
 Tagaytay旅行の2日目は、日帰りドライブに来られた日本人短期赴任の方々と合流して、観光です。といっても、タガイタイには見学タイプの観光施設はあまりありません。(テディベアミュージアムとかオルゴールミュージアムとかトリックアートミュージアムとか~(^_^;)

 そんな中で行くところといえば、やっぱりここでしょうか…。

070323a.jpg

山の上のてっぺんにあるこの建物を見に行きます


 タール湖の北部にあるここは『ピープルズ・パーク・イン・ザ・スカイPeople's Park in the Sky』

070323aa.jpg



 1980年代に、レーガン米大統領のフィリピン訪問のために、故マルコス大統領が迎賓館として建てた施設です。ですが、建設途中でレーガン大統領の訪比は中止。その後’86年、フィリピンにピープルパワー革命=エドサ革命の嵐が吹きあれ、マルコス氏は国外に脱出したため、そのまま長期間放置されていたところを展望台として整備し、公開しています。

 んが!あぁ、なんということか…。ごめんなさい、フィリピンのみなさん、こんなこと言ってごめんなさい~、なんだけど…、

070323b.jpg

廃墟です…


 整備はしたものの、その後のメンテナンスをする予算がなかったのかどうなのか、放ったからしのまま年月が過ぎ、現在の状況になったようです。ありゃりゃ…。

070323c.jpg

約3ヶ月前、昨年12月に来たときには、まだ屋根の一部があったのですが…


 yattaranの話だと、1年ぐらい前はもう少し建物らしかったとか…。昨秋、台風15号がマニラを直撃したときにかなりダメージを受けて、結局そのままになってしまっているようです。危険な箇所(O.O;)に立ち入ることができないようにはなっていて、これから修理するらしい看板もありましたが、さて、どうなるんでしょうか?

 と申しますのも、フィリピンには『綺麗なものを作ったは良いけれど、その後のお手入れをせずに、朽ち果てていく』ものがたくさんあるらしいのです…。何事にも『おおらか』な国民性です。どんな気質もそれは『短所でもあり、長所でもあり』でしょうか~。

 とまあ、建物はこんな具合なのですが、ここからの眺めはとっても良いです♪

070323d.jpg

ちょっと曇ってるけど、タール湖の景色が眼下に広がります


070323e.jpg

それに、おみやげ物屋さんは繁盛していましたよ~
食堂はカラオケで盛り上がっていましたし~
ここでも歌うのか、きみたち~(^o^)


 『ピープルズ・パーク・イン・ザ・スカイ』で買ったお菓子です。

070323f.jpg



 お菓子の名前を聞き損ねちゃった…。スミマセン。もち米を軽くついて棒状にしたものに、きな粉のような粉がかかった素朴なお菓子です。5本入りで35ペソ(約84円)。売り子のお兄さんが「3パックで100ペソ(約240円)だよ。」と言うので、yattaranが「2パック50ペソ(約120円)でどう?(←おいおい、(^o^;)」と言ってみたら、即「いいよ~♪」とニコニコ顔だったらしいお兄さん。ま、原価はあってないようなお値段なのでしょうが、「お兄さん、そんなことだと大阪では生きてかれしませんよ…。by chobi」

 この後タール湖を眺めながらしばしドライブの後、帰宅の途に着きました。タガイタイの町は有名なフルーツの産地。道路にはフルーツスタンドが並び、お土産にフルーツを買う観光客で賑わっています。私たちも一軒のフルーツスタンドに立ち寄りました。

070323g.jpg

店先に路駐して品定め~


070323h.jpg

パイナップルテンコ盛り~


 直径20センチ、長さ30センチほどのパイナップルが4個で100ペソ(約240円)。観光地価格らしいのですが、それでも安い~。

070323j.jpg

お店の裏側は一面パイナップル畑が広がっています


 タガイタイのお土産でもうひとつ有名なのが、『ブコパイBukoPie』。なかでもColette’s(コレット)製のパイが美味しいそうで~。

070323k.jpg

ここの看板はかなり年季が入っていますが、このColette’sの看板があちらこちらにあります


070323l.jpg

コレットのブコパイ。直径30センチ弱で1個115ペソ(約270円)


 ブコ(Buko)とはタガログ語でココナツのことです。ジュースを取った後のココナツ果実の内側にある白い果肉がフィリングです。

070323m.jpg

果肉がたっぷり入っているパイ


 パイ生地もフィリングもお砂糖をあまり使っていないのか、すっきりした甘さで、ココナツの風味が良く生かされています。昨日のお泊まり先の朝食に出されたショコラと同様に、何もかもが甘甘なお味のお菓子が多いフィリピンでは珍しいかも…。

 パイナップルはみんなで分けるため、帰宅直後にバババーッ!と解体してしまったので写真を撮っていません~。ごめんなさい。

 タガイタイは、タール湖の景色が綺麗だし、マニラからも日帰りもできる距離だし、高地だから避暑地で涼しいし、何をして遊ぶってわけではありませんが、「気持ちの良い景色を眺めながら食事とドライブを楽しんで、フルーツとブコパイを買って帰る!(^^)」に良いところ。これからもお出かけしたいと思います~。

 Tagaytayへ1泊旅行のお話を終わります。読んでいただいてありがとうございました♪

 『ピープルズ・パーク・イン・ザ・スカイ』のお庭にあった爆笑ものの看板はmore…からどうぞ~♪
more…
スポンサーサイト
マニラ暮らし(遊) | トラックバック(-) | コメント(2)
2007/03/22(木)
『Tagaytayへ1泊旅行(2)』
 今回の旅行、当然クルトも一緒なのでお宿探しがちょっと大変でした。マニラでのレストランなどと同じく、わんこ可を大きくうたっているわけではないので一ヶ所一ヶ所確認しなければならなかったのです。

 避暑地ですからホテルはたくさんあるのですが、なかなか『わんこOK』のところはなく、「タガイタイハイランド(TagaytayHighlands)」という有名な会員制(会員、もしくは会員の紹介がないと入れない。)の別荘も会員さんのツテは見つかったものの、よくよく確認してみると肝心のペットが敷地内全面NG~。(超高級会員制別荘なんだから、入らせてくれよぉ~~(;o;) あちゃ~。

 そして、やっと見つけたのが「ソーニャズ・シークレット・ガーデンSonya’s Secret Garden」。タガイタイからはちょっと離れた(車で30分ぐらい)アルフォンソ(Alfonso)という町にある、お庭がすっごく素敵なレストラン&コテージです。幹線道路から外れて細い道をしばらく走った農園の中にレストランとコテージがあります。

070322a.jpg

敷地内はとても広くてお庭にはお花がいっぱい♪


 レストランとは離れた場所にコテージがあります。確か8,9棟はあったはずだけど、コテージエリアのお庭からはほとんどの建物は直接見えません。ですので、コテージ内ではとても静かに過ごせます。

070322b.jpg

コテージ側のお庭から
左右の建物が宿泊棟
真ん中の赤い屋根の建物がレセプションとダイニングになってます


 案内されたお部屋は、もう~らぶりぃで素敵すぎ~♪

070322c.jpg

お部屋の全てのものに草花のモチーフが使われています~


 ゆったりと過ごしてもらうために、テレビも固定電話もあえて置いていないそうです。でも、お花やお庭を扱った本がいっぱいあって、吹きぬける風をうけながらまったり読書って、最高かも☆

 優雅に過ごしていてもおなかは減ります(^-^;、ぐ~~。

070322d.jpg

ダイニングは半屋外 ここも優雅だ…


 食事は有機野菜をふんだんに使ったサラダ、自家製の焼きたてパンとパスタ。いずれもそれぞれ好きな具材をトッピングしていただく趣向です。飲み物は絞りたてのダランダン(=DALANDAN皮が緑色のみかん。大きさも味も日本のみかんと良く似ています。)ジュース(ダランダンは実を食べるよりジュースにするほうが美味しいと思います~。)

070322e.jpg



 きゃ~、パンとジュースは撮り忘れたし、パスタにはパクついてしまったので、なんだかちゅーと半端だ~、(~へ~;)

070322f.jpg

デザートにはさっぱりすっきりのハーブティと
こってり甘いチョコレートケーキがサーブされます~


 おなかがいっぱいになった後は、またまたのんびり家族で語らいながら読書して、いつのまにか夜も更けて、ベッドでぐっすりお休みなさい~となりました。

 朝食はコンチネンタルスタイルだと聞いていたんですが…。

 しっかりフィリピンスタイル。(笑 朝からどっちゃりご飯です~。(日本人=外国人を察してか、スタッフがパンをサーブしてくれました♪)しかもショコラまで出てくるし…。朝に淹れたてのショコラを飲むのがこの地方のスタイルだとか…。

 ところがこのショコラ、むちゃくちゃ美味しい~~!!すっきりした甘さで(何でもチョー甘いフィリピンでは希少?(^^;)ポット分、全て美味しくいただいてしまいました~。ホントはちょっとおかわりしたかったけど、他のお料理の量もあってできず~、残念。

070322g.jpg

このショコラ、また飲みたい~


070322h.jpg

朝ごはんでございます


 ご飯はバゴーン(Bagoong)というアミエビの塩辛を使ったフライドライス。おかずとして鶏肉のアドボ(Adoboはフィリピンではごくごく一般的なお料理で、お酢と醤油が主な調味料です。ま、しっかりエスニックな味ですけれど~。画像左手前)バンガス(Bangus スズキのようなお魚。画像右奥)のソテー、トマトとマンゴーのハーブドレッシング和え(画像左中央)、マッシュルームオムレツが並びました~。

 このバゴーンライス、ちょっとクセはあるのですが、yattaranも私も好きなお味♪おかずとの相性も良いです。写真の量が2人分なんですが、さすがに全部はいただけず、少し残してしまいました。(お隣のテーブルのご年配ご夫婦はバゴーンライスをおかわりしてらっしゃいました~。( ゜_゜)つわもの~。)

 そのうえ、デザートまで出るし…。でも、マンゴーだっ!(^0^)

070322j.jpg

フィリピンのペリカンマンゴーはとにかく美味♪
お花が飾ってあってオシャレ~~


 朝からおなかがいっぱいになりました。チェックアウトまでお庭を散策してまたまたのんびり~。ほんとに気持ちの良いところです♪クルトも高原の風に吹かれながらのんびり過ごしました。スタッフのおもてなしもとても良いし、是非!また泊まりに来たいと思いました~。(違うお部屋にも泊まってみたい♪)

 Tagaytayへ1泊旅行(3)へと続きます~。

 お部屋やお庭の他の写真はmore…からどうぞ~
マニラ暮らし(遊) | トラックバック(-) | コメント(6)
2007/03/21(水)
『Tagaytayへ1泊旅行(1)』
 タガイタイ(TAGAYTAY)はマニラから南へ車で約2時間。標高700mの高地にあります。700mっていうと八王子の高尾山よりちょびっと高いくらい?(^。^)

 ですが、マニラに比べると圧倒的に涼しく、箱根や軽井沢のような“避暑地”です。実は訪れるのは3度目ですが(渡比直後の8月と12月=直後に寝込んだ、のでブログではお初です。)、何度見てもこの景色は綺麗だ~~♪

070321a.jpg

今回はちょっと霞んでいたので、↑は12月撮影分です~


 タガイタイから眺めるタール湖。タール湖は火山爆発でできたカルデラ湖で、写真の中央から右部分の島は湖の中に浮かぶ島、ボルケーノ・アイランド(VolcanoIsland)です。写真ではわからないのですが、この島の中にもうひとつ湖があり、2重カルデラ湖を形成しています。(右の火口が見える部分にいかにも湖がありそうですが、そこではありません。島の中央あたりにあるそうです。)

 この一帯(=タール火山)は数十の火口がありますが標高はタガイタイより低い約300m。世界最小の火山だそうです。

070321b.jpg

火口の中に湖はないけれど
この角度から見る形がなんとも言えずに好きです~


 タール湖の周囲は地図から察する限り100kmぐらいでしょうか。タガイタイから湖に向かって下った場所に町が広がっています。

070321c.jpg

湖岸の町と湖に浮かぶ養殖用の筏


 何を養殖してるのかが不明で~(^-^; 貝類かティラピア(フィリピンではメジャーな淡水魚)かなぁ…。

 レジャーとしては避暑地らしく、乗馬やゴルフができる場所が多くあるようです。デイ・キャンプやピクニックをする施設もありました。タール湖らしいレジャーはボルケーノ・アイランドにボートで渡って、徒歩か馬で島内の湖を見に行くというもの。単身赴任中にyattaranは馬バージョンを体験したそうですが、クルト連れではボートも馬も少々難アリ。時間的にも半日はかかるらしいのでこれはパスしました。

070321d.jpg

タガイタイの町に入ると道路脇にボート勧誘のお兄さんがいます~


 yattaranが乗ったときはボート島往復で一艘P2500(約6000円)だったそうです。

 タガイタイはフィリピンでも有名なフルーツの産地。道路沿いにこじんまりとしたフルーツスタンドが並んでいます。

070321e.jpg

フルーツテンコ盛り(^o^)
車窓からの撮影だったのでブレブレでごめんなさい


 また花も多く生産されているようで、お花屋さんスタンドも並んでいました。

070321f.jpg

スプレーマムが多かったかなぁ
こちらは切花スタンドですが花苗屋さんもたくさんありました


 パイナップルをお土産に買いましたが、そちらはお泊まり先のお話と共にまた後日~。

 タガイタイの日中の日向はやっぱり暑いのですけれど、木陰に入ると風が心地良く吹きわたり、クルトを連れてちょっと遊びに来るにはとても良いところで、これからものんびりおでかけしたいです♪(Tagaytayへ1泊旅行(2)へと続きます~。)

 タガイタイから見るタール湖は景勝地なので…(理由の画像はmore…からどうぞ~)
マニラ暮らし(遊) | トラックバック(-) | コメント(3)
2007/02/04(日)
『マニラ湾の夕日』
 先月は、マニラ郊外の丘の上からの夕日を楽しみましたが、短期赴任の方々も、やはりマニラ湾に沈む夕日を見てみたい、ということでマニラ湾にある桟橋レストランに行ってみることにしました。その前に、みなさんゴーカートに行くそうで~。

070204a.jpg

湾岸埋立地にあるサーキット


070204b.jpg

おとうさん、コーナー攻めますっ!


070204c1.jpg

殿方は、こーゆーこと、無邪気に遊びますね~♪


 chobiは運転は好きだけど、スピードが苦手なので、ゴーカートは向いてません…。貸しヘルメット代込みで12分250ペソ(約600円)。良くわかりませんが、これってむちゃくちゃお安いそうです。(日本でたまにゴーカートを楽しんでおられる日本人短期赴任の方によると15分3000円はするそうです。)

 昨日のボーリング場クラブ化タイムの時と同じように、エンジン音にクルトがどう反応するか少し不安でしたが、抱っこされていることもあったのか、全然へーきでした。いい仔だ、クルト~♪

 お腹も減ってきたので、早速レストランに行きましょう~。と、食事に夢中になっていたら、お料理の写真撮るの、忘れちゃった~

070204d.jpg

何とか撮った1枚。えびのスパイシーソースがけ


 今日は曇天で、夕日が見えるかちょっと心配しましたが、こちらの気持ちを察してくれたように、日の入りの10分前ぐらいにお日さまが姿を見せてくれました。

070204e.jpg

マニラ湾に沈んでいく太陽
実際はもっと大きく見えました


070204f.jpg

レストランから見えた湾岸沿いの夜景


 念願の<マニラ湾の夕日>を見ることができて、嬉しかった~♪レストランも<えび>がとても美味しく、ロブスターから大小何種類ものえび料理があったので、えび好きのyattaran&chobi、また来たいと思います~。
マニラ暮らし(遊) | トラックバック(-) | コメント(2)
2007/02/03(土)
『お茶してボーリング~』
 今日は夕方からおとうさんの会社のエリアにお出かけ。とってもお気に入りのカフェ、『The Coffee & Tea Leaf』でお茶をして、その後ボーリングを楽しんでまいりました。

070203a.jpg

今日のケーキは『バナナクリームパイ』
キャラメルソースがかかっていて
美味でございますぅ~~♪


 クルトは見てるだけでゴメンね。お茶はセイロンをいただきました。残念ながらポットサービスではなくティーパッグ(<だしパック>の大きさだったりする(^_^;)なんですが、暖かい紅茶を提供するカフェは少ないですし、ここは常時10種類以上のお茶を楽しめるので重宝なのです~。

 ボーリングは、昨秋会社のレクリエーションで行って以来なので久しぶり~。こちらもクルト同伴OKなので、家族でボーリングを楽しめます♪

070203b.jpg

うひゃ~、イルミネーションタイムが始まったのか
照明がクラブ(行ったことないけどっ(笑)みたいにグラングラン~~


 BGMもダンス系ガンガンで、クルトがちょっと心配になりましたが、怯えることもなくホゲホゲラ~としておりました。良かった~。

070203c.jpg

yattaran、いきまぁ~す(笑


 ふたりとも腕前は、笑ってやりすごすしかない~程度でございます。あはは\(´。`)/ モニターのスコアは、数字がずらり~…。ボーリングってスコア表に数字を記入(今はコンピュータがやってくれるけど)するゲームなのに、数字を書き込むようじゃスコアがあがらないゲームなんだにゃ~。

 3ゲームずつプレイしまして、そろそろ握力がなくなってきたので、本日終了~。1ゲーム120ペソ(300円弱)って日本より安いのかなぁ。(日本では久しく行っていない。)運動不足で、なまっている体にはちょうど良い運動量でした。また来ようね~、おとうさん~。
マニラ暮らし(遊) | トラックバック(-) | コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。