--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/01/15(火)
『クルトのその後』
 みなさま、お久しぶりでございます。そしてかなり遅いですが、あけましておめでとうございます。本年もyattaran、chobi&クルト一家をよろしくお願いいたします。

 昨年末に軽い膀胱炎の症状がみられたクルトですが、その後、計3週間ほど抗生物質の投薬をいたしまして、そののち1週間程度の通常の生活を経て、今日、おかげさまで尿検査の値が正常値に戻りました。

 今後は普通の生活を続けていきながら、2週間後に再検査、それで異常が無くても、念のために1ヶ月に1回の尿検査をしばらく続けて、引き続き異常値がでなければ良いそうです。

 膀胱炎の原因は様々なストレスからくる場合もあるそうですし、クルトがどこまでのストレスを抱えてマニラ暮らしをしていたのかは、すでに知る術もありませんが、私が思うところでは、お散歩も出来ない、お友達にもなかなか会えない状況の中で、やはりクルトなりに相当頑張ってくれていたのではないかということです。

 私たち夫婦も親として気づくべき点を見逃していたのかも、と思う気持ちも強いのですが、とにかく幸いだったことは、たまたま一時帰国中に、本当に気負いも無くたまたま受けた尿検査で、ほんの少しの異常値が見つかった、ということでした。

 投薬治療にしてもなんにしても、日本でいつもお世話になっているお医者様のもとで、そして日本の暮らしの中で治療ができるということは、落ち着いて治療に専念できることでした。ご心配いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 唯一残念なことは、また家族が離れて暮らすことになってしまった、ということです。ですが、yattaranには仕事がありますし、クルトにこれ以上無理はさせられないし…、で、改めて家族が一緒に暮らすことの大切さを感じております。とにかく病気が完治するまでは、マニラに戻る日は全くの未定です。

 マニラの社員の皆さんも、クルトの病気のことを案じてくれながらも、クルトと会えないのが寂しい!と言ってくださっているそうで、とてもありがたいことだと思っています。

 でも、一番寂しいのはやっぱりおとうさんでありまして…。「さびしい~!!クルトぉ~!!」と1日100回以上叫んでいるようです。(もちろん、心の中。(笑)

 そして、このブログ…。一応マニラ暮らしのお便り、という意味での名前なのですが、さて、どうしましょう…。1ヶ月更新しないと、また広告が入っちゃうし…。(今回もすでに入ってしまってました~。)マニラで暮らした中でのお話はまだあるので…。思い出しながら、ちょっと書いてみるかもしれません。(未定の予定で、予定は未定(^^;)

 そして日本の冬は寒い!2年ぶりの越冬に、親仔で冬眠しそうです。(爆 
スポンサーサイト
徒然に… | トラックバック(-) | コメント(4)
2007/12/16(日)
『お久しぶりでございます』
 みなさま、こんにちは、chobiでございます。ハロウィンの記事から約1ヵ月半ぶりのブログ更新でございます。

 実は、クルトを連れて一時日本に帰国していたのですが、渡比直前、クルトに軽い膀胱炎の症状が見られたので、急遽マニラに戻ることを中止し、日本で治療ということになりました。突然のことでしたが、幸い早期に発見できたようで症状は大変軽く、検査の数値に若干現れた程度です。クルトの様子は、痛そうだとかだるそうだとか、特に変った点は見られません。

 毎日、処方していただいたお薬と一緒にごはんを美味しくいただきながら、たくさんお散歩もして、「日本の冬は寒いね~。」と親仔でその寒さをも楽しんでいます。(わんこにとってやっぱり日本はいいです♪)

 というわけですので、マニラに戻るまで、こちらのブログは一旦お休みをさせていただきます。ただ、クルトの病状経過はご報告させていただきますので、お暇な時にのぞいて見てやって下さいませ。

 このブログはFC2なのですが、1ヶ月更新しないと広告ブログが掲載されてしまうようで、久しぶりに開けた時にはびっくりしてしまいました。規約はちゃんと読んでおかねばいけませんね。(しっかりその旨記載されていました。(^^;)

 年の瀬も迫ってまいりました。ちょっと早い気もしますが、本年もありがとうございました。皆様、良いお年をお迎えくださいませ~。
徒然に… | トラックバック(-) | コメント(3)
2007/10/11(木)
『まとめてUPしました~』
 気がつけば今日は10月11日で…。良く考えたら10月に入ってからまだ1度もブログの更新をしていませんでした。

 って、何があったわけでもなかったんでもないのですが~。ちょっとNETからは離れていたかな~。

 というわけで、10月7日から3日分まとめてUPしました。


 これじゃ日記じゃないね~。


 と思いつつ、またぼちぼち更新していきたいと思ってます。よろしくお願いいたします~。
徒然に… | トラックバック(-) | コメント(0)
2007/09/14(金)
『月に願いを』
 今日は朝からJAXA(宇宙航空研究開発機構)の月周回衛星『かぐや(SELENE)』の打ち上げ模様をインターネットで見ておりました。いやもう、とても遠い場所にいながら、ロケットの発射の瞬間を目にすることが出来るなんて、一昔前では考えられず、インターネットさまさま、でございます。

 種子島宇宙センターから生中継された番組は、JAXAの方の生リポートや解説が大変面白かったですし(プロのアナウンサーではないところが、ミョーに良かったりします(笑)、打ち上げの瞬間の感動はナミダもので、宇宙を目指し、ぐんぐんと上昇するロケットに「上がれ、上がれ~、頑張って行って来~~い!!」と思わず叫んでおりました。

 でもって、このSELENEにはもうひとつ思い入れがございまして…。

 と申しますのも、今年の初め、JAXAのサイトをのぞいておりますと、「月に願いを」キャンペーンと題された、「衛星にあなたの名前とメッセージを載せて、一緒に月を廻りませんか~。」という募集があったので、それに応募したのです。

 名前と「月探査、頑張ってください。」などと書いて送信するだけの簡単なものではありましたが、応募総数は、世界中から約41万人にのぼり、そのデータは縦16㎝、横28㎝のシート2枚分に印刷され(1文字は100分の7ミリ角だそうです。小さっっっ!w(゜o゜)w) 、かぐやにぺとっ(ほんとか?)と取り付けられて、今、宇宙を旅しております。(プレートの印刷を担当した印刷会社さんが、お勤めしてた頃の取引会社なので、なおさら親近感わいてます♪)
 うちは、私達夫婦と、もちろんクルトの名前も入れさせていただきましたよ~♪家族の名前とメッセージが月を廻る。なんか、嬉しいですね♪(火星探査の『のぞみ』にもお名前プレートが載っかってたんですけどね、火星周回軌道に乗せられなかったので、太陽系、廻ってます…。1998年打ち上げなので、クルトの名前は当然ないです~。『はやぶさ』は応募し損ねた…。)

 かぐやはスウィングバイのため、地球を2周してから月に向かう軌道に乗り、およそ19日後に月周回軌道に入り、その後2つの子衛星を切り離して、子衛星はそれぞれ別の楕円軌道上から、主衛星は月の上空100㎞の円軌道をまわりながら約1年にわたってさまざまな観測を行うそうです。

 月に関するどんな情報が送られてくるのか、ハイビジョンで撮影される地球の出はどんな風景なのか、今から楽しみです♪

 月周回衛星『SELENE:SELenological and ENgineering Explorer』、愛称『かぐや』、月の女神セレネとかぐや姫からの名前って、ストレートだけれど、とっても良いネーミングだと思います。

 頑張れ!かぐや~!!
徒然に… | トラックバック(-) | コメント(2)
2007/09/06(木)
『NHKの番組を見て…』
 台風が関東地方を直撃していますが、みなさまのお住まいの場所は大丈夫でしょうか?どうか大きな被害が出ませんように…。

 さて、夕食後、NHKワールドプレミアムにチャンネルをあわせると、『そのとき歴史が動いた』という番組が放送されていました。(NHKワールドプレミアムは日本国内で放送されているNHKの番組を海外向けにいろいろ組み合わせて放送しています。だからニュースもおかあさんといっしょも同じチャンネルです。(笑)

『そのとき歴史が動いた』 引き裂かれた村 ~日米戦の舞台・フィリピン~

 第2次世界大戦の頃のフィリピンと日本の関係は、概要は知っていても、一つ一つのことは何も知らないに等しいものです。

 ラグナ州はラグナ湖を有する自然豊かな土地ですし、カランバは日米企業の工場が多数あります。タガイタイやバタンガスなど、遊びに出かけるときは必ず通る町でこんなことがあったなんて、とても驚き、番組を見ている間は言葉もありませんでした。

 戦争を語ることは大変難しいもので、私の思いはここでは控えさせていただきますが、この番組を見て、お互いがお互いを知ろうとすること、過去から学び、現在にとどまらず、未来を想うこと、そして、それらを考え続けることが大事なのではないかなぁと思ったりしたのでした。

 番組の最後で歌われていたフィリピン国歌はこちらからどうぞ。
 (他にも様々なヴァージョンがあるので興味を持たれた方はいろいろ聴いてみてください。)

 歌詞はタガログ語です。意味はこちらをごらんください。

フィリピン国旗
070906a.gif



 青は理想、白は平和、赤は勇気を、太陽は自由を象徴しています。3つの星はルソン島、ビサヤ島、ミンダナオ島を、太陽からのびる8本の光は、スペインからの独立を目指して最初に戦った8つの州(マニラ、ラグナ、パンパンガ、カビテ、ブラカン、ヌエバエシハ、バタンガス、タルラック)を表しているそうです。

 そして特筆すべきは、国旗の掲揚形態です。通常は上画像のとおりですが、戦時には天地をひっくり返して赤を上にするそうです。(yattaranの話で、マニラにある、ある博物館に展示されているフィリピンの歴史を辿ったジオラマでは、戦時中の場面では確かに赤が上だったということです。)

 人間の歴史は戦争の歴史とも言われますが、大きな大きな悲しみがつきまとうことは必至です。

 フィリピン国旗が赤が上になることのないように、日本も平和の道を進めるように、そして、世界中でおきている紛争が少しでもおさまり、穏やかな暮らしが人々に訪れますように……。
徒然に… | トラックバック(-) | コメント(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。